老龍口酒博物館(ろうろんこうさけはくぶつかん)

老龍口酒博物館


瀋陽のお酒の博物館『老龍口酒博物館』は、瀋陽で現存の最も古い酒造工場の一つで、1662年に創業して350年の歴史を持っています。
創業当時、清朝の前期の都である盛京龍城(瀋陽)の東口に位置していたため、「老龍口」の名称になりました。
この老龍口の工場の内部には、古い井戸がありました。
この井戸は長白山の余脈になっていて、地元の神聖なる神の水と言われました。
この水は、清らかに澄んでいて、甘くて辛い、お酒の醸造に適している水でした。
醸造したお酒のほとんどは、皇室や軍隊に朝貢(献上)され、「大清貢酒」と褒められていました。
清朝の皇帝たちは、祖先を祭るために盛京(瀋陽)に戻る度に、毎回必ずこの老龍口酒を飲みました。

2002年、瀋陽市政府及び関係部門の協力の下、老龍口会社がスポンサーとなり、中国東北地方で初めての、酒文化博物館「老龍口酒博物館」を建てました。
同年10月9日には正式に観光場所として、国内外の旅行客に向けてこの博物館を開放しました。
この老龍口酒博物館は、清時代の建築方式で建設され、建築面積は1200㎡、駐車場の面積は1000㎡あり、全部で2200㎡になります。
設計は清時代の牌楼と似ており、両側は硬山巻棚建築です。
階面は青瓦、外の壁は青タイル、柱、門、窓などの材料は木です。
そして建物上部の画像は、全部一つ一つ人の手で描かれています。

全体的には博物館を中心として、両側は清時代の酒館、清時代の酒作坊、中国の白酒文化の展示ホールになっており、理論と実践の統一を実現しています。
博物館の館内は、酒文化の展覧区と酒を作る展覧区に分けられています。
醸造工房展覧区は、酒の源流、酒規酒俗、酒具酒器、酒詩酒画、老龍口発展史、老産品陳列室など、六つの部門に分かれており、お酒の道具が40個以上、名人の書画が約50冊、19世紀から使われている老龍口酒の容器や、ラベルとトロフィーなどの物が300個以上展示されており、歴史文化遺産の「百年古井」「百年窖池」「百年古石磨盤」なども展示されています。
醸造工房展覧区は、当時の酒造方法や原料、道具も展示してあり、当時の酒造過程を再現しています。
また、工場内で掘り出された100年前の石臼も見る事ができます。
老龍口酒博物館は、瀋陽市内の交通の便のよい場所に位置していますので、中国のお酒文化等に興味ある方は、ぜひ観光に行ってみてはいかがでしょうか。

>>中国瀋陽観光/旅行ガイド


老龍口酒博物館
老龍口酒博物館
老龍口酒博物館
老龍口酒博物館
老龍口酒博物館
老龍口酒博物館


★瀋陽観光地図
瀋陽観光地図№5を発行しました。

当社中国事務所及び瀋陽市内の各主要ホテルや各主要施設等にて無料配布しております。
瀋陽観光地図発行! 瀋陽観光地図発行!


その請求費用払いすぎじゃない?!【全国統合医療協会】


あなたのブログやホームページで【中国遼寧省/瀋陽ガイド】や七星桜を紹介して特典をGET!!