中国生活ブログ»日本と中国・瀋陽の違い - 【中国遼寧省/瀋陽ガイド】

中国 生活ブログ by 【中国遼寧省/瀋陽ガイド】

忘れがちな外国人住宿登録手続き!

外国人住宿登録

外国人住宿登録

外国人住宿登録とは、日本でいう住所登録の事です。

日本では、区役所や市役所等で行いますが、中国では公安局(警察署)で手続きを行います。

外国人(日本人)が住宿登録を行うと、外国人居留証か外国人臨時居留証が発行されます。

この外国人居留証か外国人臨時居留証は、日本の住民票や外国人登録証と考えてもらえればわかりやすいかもしれません。

外国人居留証は、中国国内に在住1年以上の人に発行され、外国人臨時居留証は中国国内に在住1年未満の人に発行されます。

ビザ(査証)にD(定住ビザ)、Z(就業ビザ)、X(留学ビザ)、J-1(在住外国記者)が付いている外国人(日本人)は、中国国内に入国後住んでいる城市の公安局(警察署)へ居留証あるいは外国人臨時居留証の手続きが必ず必要です。

ビザ(査証)にF(訪問ビザ)、L(観光ビザ)、G(中国通過ビザ)、C(乗務ビザ)が付いている外国人(日本人)は、ビザ(査証)有効期間内は中国国内に停留ができ、居留証件の手続きは不要です。

これらのビザ(査証)の方は居留証件の手続きは不要ですが、外国人(日本人)が中国国内に入国後、ホテルや企業等宿泊する場合に必ずパスポートの提出が必要です。

外国人(日本人)が中国人の家に宿泊する時は、必ず中国現地に入国後24時間以内にパスポートと住む(泊まる)部屋の持ち主の戸籍本(部屋の登記簿)を持って、公安局(警察署)へ登録が必要です。

田舎に住む場合は、72時間以内に登録が必要となっていますが、実際に住む場所の管轄にある公安局(警察署)で直接ご確認下さい。

登録時、臨時住宿登記表に記入し、登録します。

この登録は、外国(日本)国籍の人全員に適用されるため、中国国内で日本国籍の子供を出産した場合も、出産後1ヶ月以内に登録しなければならない事になっています。

実際に中国国内で出産した子供を日本国籍で登録するためには、日本に出生証明書を送り、日本で出生登録をして日本の戸籍を取得した後にパスポートを作成しなければならないため、1ヶ月以内では難しいです。

住宿登記を申請しなかった場合、公安員(警察官)が直接住居まで来て、50元~500元までの罰金が下ります。

外国人住宿登録

外国人住宿登録

外国人住宿登録

外国人住宿登録

中国瀋陽のタクシー

 中国語でタクシーは(出租车)と書きます。

 その発音から的士とも書きますが、出租车が一般的でタクシーを拾う事を打車と言います。

中国のタクシーは日本のタクシーとは違い、運転手の操作でドアは開きませんのでお客が自分でタクシーのドアを開けます。

そのためか中国ではお客が運転席の隣の助手席に座るのが一般的です。

その助手席のウィンドウガラスの端には、防犯上の理由だと思いますがカメラが付いています。

中国瀋陽のタクシーの運賃は、昼間の初乗り3キロメートル以内なら8元で、3キロメートルを超えると15.1キロメートル以内なら550メートルごとに1元値段が上がります。

15.1キロメートルを超えたら370メートルごとに1元値段が上がります。

深夜料金(22時~翌日の6時)は、3キロメートル以内なら9元で、3キロメートルを超えると15キロメートル以内なら500メートルごとに1元値段が上がります。

15キロメートルを超えたら340メートルごとに1元値段が上がります。

夏場にクーラーをつけると、深夜料金と同じで、3キロメートル以内なら9元で、3キロメートルを超えると15キロメートル以内なら500メートルごとに1元値段が上がります。

15キロメートルを超えたら340メートルごとに1元値段が上がります。

中国瀋陽のタクシー

中国瀋陽のタクシー

中国のタクシーのメーター

中国のタクシーのメーター

ウィンドウガラスに付いているカメラ

ウィンドウガラスに付いているカメラ

中国のスーパーの買い物では、手荷物を預けます

中国のスーパー(日本で言うレジ買いのスーパー)での買い物をする場合、手荷物・バック等はロッカーに預けるか、手荷物預かり所まで出向き、専用の袋に手荷物を入れて専用の袋に鍵をかけてもらってからレジ横の入り口から店内に入ります。

何気なく手荷物やバック・リュックサックを持ったまま店内に入ると、店員や保安員に声をかけられます。

中規模の商店でも荷物を預けるお店もあります。

中規模の商店の場合、係員に手荷物を渡し空いてる棚に手荷物を置いてもらって番号札をもらい、買い物が済んでから番号札を係員に渡して自分の手荷物を受け取ります。

ちなみにデパート等は手荷物を預けなくても問題ありません。

なぜスーパーで手荷物やカバン等を預けるのかは、商品の盗難(万引き)防止のためです。

日本のスーパー等でも、盗難(万引き)による被害が多いようですので、このようなシステムを導入するのも一つの手段ではないかと思います。

瀋陽の大手スーパー

瀋陽の大手スーパー

手荷物を預けるロッカー

手荷物を預けるロッカー

手荷物を預けるロッカー

手荷物を預けるロッカー

手荷物を預けるロッカー

手荷物を預けるロッカー

手荷物を預けるカウンター

手荷物を預けるカウンター

店内のレジの様子

店内のレジの様子

中国の結婚

中国の結婚式

中国の結婚式

中国では、法律で最低結婚可能年齢が男性22歳、女性20歳(2008年時点)となっています。

中国全体としては、晩婚化が進んでいます。

また、一人っ子政策により「男性が余っている」というイメージが強いですが、結婚当事者の意識としては「女性が余っている」状況にあるようです。

大きな要因としては「女性の婚期が短い」事が挙げられます。

都市部の結婚適齢期の未婚世代でも、女性の方が多い状況にあります。

中国の一人っ子政策は、1973年から現在でも実施されています。

ただし、田舎では最初の子供が女の子だった場合は、最初の子供が生まれてから7年以降にもう一人子供を作る事が出来ます。

都会でもう一人子供を産んでしまった場合は、罰金が科せられます。

罰金は、父親の前年の年収の2倍~6倍の金額になります。

中国では、風水で結婚の日取りを選ぶ事があります。

中国繁体字の択日(日時選び)のカレンダーに基づくものです。

たとえば、「8月8日」に結婚式をするなどです。

理由として、一般的には「6,16,8,18」の日で、中国語の発音で「順(シュン)と發(ファ)」の音と似ているので、「順調になる」「金持ちになる」という意味があります。

そして土日に結婚式が多いのは、休日を利用して結婚式をおこなう為です。

中国の郵便局

中国の郵便局は、緑色の標識を使っているのでグリーン通りという意味があります。

中国郵政

中国郵政

中国郵政外観

中国郵政外観

中国郵政室内

中国郵政室内

その為、ポストも緑色になっています。

中国のポスト

中国のポスト

中国のポスト本埠(当市)

中国のポスト本埠(当市)

中国のポスト外埠(他の都市)

中国のポスト外埠(他の都市)

メインの業務として、国際業務と国内や宅急便専門業務等を提供しています。

大衆の為に、「人民郵政は、人民に奉仕する」とのキャッチフレーズで、手軽で素早いサービスを提供しています。




中国生活ブログ 最近の記事
中国生活ブログ カテゴリー一覧
中国生活ブログ 月別アーカイブ
コンテンツ一覧
サイト内検索
桜クラブ
桜クラブ
アドピック
アドピック